第2話で登場したペカソとシルヴィーのラブロマンス。

というか、シルヴィーの本心を見抜くなんて、やはりローリィは只者ではない。

それにしても、結果的にいい方向へ行ったからいいものの、パームタウン世界でもパラグライダーの技術は確立している。

結局ペカソにこういう技術の才能がないからかな?

結婚したらシルヴィーが先導して、ペカソの尻を叩く家庭になるんだろうな。

 

さてラストシーンで、パティとローリィがそれぞれの将来の夢を絵にしたのだけど、共に自分の結婚式の絵。やはり同族の男性との結婚志向なので、この世界では異種結婚というのはなかなかないのかもしれない。

 

それにしても、花屋の女将ってシルヴィーとどういう関係だったのでしょうか?

親子かと思いきや、店主と従業員にも見えるし、、、

 

p.s.

ヨータとグータが、野生解放しましたね。