本当にシーラってすごい子になっちゃったね。

まだ8〜9歳ぐらいなんだけど、ラジオのレギュラーを持っていて、しかもそれが人気になるなんて。

 

シーラの素の部分がみんなにウケた格好で、あの濁流に飲み込まれながらも笑顔の演技をしたという頑張り屋さんで、みんなシーラの成長と明るい性格なのが良かったわけですね。

実はシーラは自信過剰に見えるところがあるけど、そこさえ注意すれば、本当にスターになっちゃうかもしれないですね。

 

今はまだ失敗があるのかもしれないけど、ラジオで一番怖い「長時間無音でいること」がないようなので、安心して見ていられますよね。

それに放送局的には、ハプニングはとてもおいしいんだけどね。

 

それはともかく、

パームラジオの局舎って全面ガラス張りで、まるで現代の21世紀の建物みたいだけど、パームタウン編の時代考証と矛盾はないのでしょうか?