ヨータとグータは根っからの悪人ではない。

まあ、最近でもパティたちを砂漠の真ん中に置き去りにし、それ自体は許される行為ではないのだが、一方で情にもろく、困っている人を見捨てられないというところがある。

 

そのヨータとグータがピンチになってしまった。

いくら、相手が悪人とはいえ、困った時には助け合う、その精神の重要さ。

小さな親切が、どんどん大きくなっていく。

そして、助け助けられて、セコイアの木の下に来た一同。

この風習は単なる言い伝えじゃないよ。みんなの願いはきっと叶うよ。

 

あと、、、、、、

次回予告の時間が短くなっている。

いよいよか、、、、、、

 

p.s.

ラムのバスケットに入っていたウインナーソーセージは、、、(考えないでおこう)