悪党ヨータとグータの話。

いつも彼らは皆に迷惑をかけてばかりなのだが、ならば存在を否定してしまうのも、これはこれで違うと思う。

彼らが更生し、本当に真面目な生活を送れば、やはり市民として迎え入れるべきなんだろう。

幸いヨータは手先が器用なので、これを活かせた仕事に就けないものだろうか。

 

今回、ジジとジョジョがいい役割をした。

それは物語世界のことではなく、構成面で。

つまり、彼女らの存在が、もう一つの視点である「あの悪コンビがいなくなればパームタウンは平和になるじゃない」を示したということである。

これは、ヨータとグータに思い入れのない人たちを代弁している意見ではないか。

それが言えるのは、レギュラー・準レギュラー陣では彼女たちぐらいである。

私は、ジジとジョジョというキャラクターをあまり評価していなかったが、今回ばかりは必要性を感じていた。

 

さて終盤、パティのピンクの髪飾り、、もとえ耳飾りがなくなっていたので、てっきり作画崩壊じゃないかと思ったんだけど、それは理由があったんですね。

 

p.s.

ヨータが隠れ家で食べていたベーコンのようなものは、、、