別れは突然だった。

思えば、メイプルタウンからパティが旅立つのが決まったのも、突然のことだった。

急な別れに、友達たちは何とかしてパティを隠そうとするのだが、実はこれ、グレテルのときと同じ発想なんですね。

みんな考えることは同じか。

 

ノースタウンは遠く、簡単には会いに行けないという。

メイプルタウンからパームタウンは、汽車と船で2日半かかるがそれでもその気になれば会いに行ける(メイプルタウンの人たちは実際何度か会っているし、今回も会いに来た)のだが、ノースタウンはそれよりもはるかに時間がかかるらしい。

だから、パームタウンやメイプルタウンの人たちにとって、ノースタウン行きは今生の別れに近いことを意味するようだ。

 

そして視聴者である我々も、パティに会えなくなってしまう。

本当に、もうパティとは会えないのか。

 

いや、

メイプルタウン世界では1950〜60年代である。

メイプルタウン世界の飛行機は、小型のプロペラ機なのだが、まもなく旅客機大衆化時代とジェット機の時代がやってくる。

遠いと思われていたノースタウンにだって、きっと簡単に行けるようになる。

きっと。

そして、メイプルタウンの人たちとパームタウンの人たちが、ノースタウンで、いつものように元気な姿なパティと再会する日がきっと来る。

近いうちに。

その時まで、さようならパティ。


次回は、パームタウン総括の後に、時間をさかのぼり「メイプルタウン物語」第1話からの感想を書くことにします。