今回はロディ・ステラ夫妻の物語。

ロディの方も、鍋を結婚記念日までに直す、とちゃんと言えば良かったんだけど、これでは話が続かないのでw、余計なトラブルが起きてしまった。

自転車はサプライズ、と言うことだけど、どうもその辺りの気配りが空回りしてしまったようです。

手先は器用そうだけど、どうもこの辺が不器用なんですね。

 

「物には命がある」か。

実に日本的な価値観なんだけど、この話が海外で放映されたときには、この考えが海外でも広まって、物を大切にできればいいんだけど、日本も含め大量消費社会だから、この話も難しいのかも。

だが、メイプルタウンは鍋一つでも、大事に使う社会。これが当時のバブル期に見た子供たちが、多少なりとも影響されているのかもしれません。

30年たった今は、依然大量消費社会ではあるんだけど、メリカリ等の中古品を直接やり取りするツールが受けているので、ひょっとしたら30年たった今、この話が影響しているのかもしれません。