メイプルタウン物語。

それは、1986年に放送された、動物擬人化アニメである。

ちなみに、現在テレビ朝日でプリキュアシリーズをやっているが、それと同じ時間であるテレビ朝日系 日曜日8時半に放送していて、まさにプリキュアたちの大先輩に当たる。

 

動物たちが、カナダの山の中をモデルにした「メイプルタウン」にくらし、騒動はあるものの基本的に平和な生活をしている。 翌、1987年には続編の「新メイプルタウン物語 パームタウン編」が作られ、舞台をアメリカ西海岸がモデルの街「パームタウン」に移され、これも好評を博した。

私が好きなアニメである。

 

というのも、主人公がウサギの少女「パティ」で、「ウサギの少女」というキャラクターは昔からあるキャラクターだが、メイプルタウンのそれはとても垢抜けていて、音楽面でも、小坂明子の音楽も素晴らしい。 OPで、このパティが髪ならぬ耳をかき上げるシーンがあり、それがたまらなかった。

本編も素晴らしく、メイプルタウンそのものは牧歌的なんだが、神秘的なところもあるメルヘンチックな街で、当時20代で会社のストレスも結構たまっていた自分からすると、そこはユートピアのようだった。

また、心がゆがんだ人たちが何人か登場するのだが、それも改心するという、やさしさが包み込む世界も好きだった。

 

現在、第1話のみ公式配信されているので、素晴らしいOPやEDや、主な登場人物を堪能していただきたい。

(このブログで直接見ることが出来ないので、黒い画面が出てきたら、リンク先をクリックしてYouTubeへ飛んで見てください)

 

なお、営業的に言えばメイプルタウンは、実は、現在でも人気があるエポック社のシルバニアファミリーの影響をとても強く受けたものであり、メイプルタウンはそのバンダイ版と言える。


さて、メイプルタウンについて情報を集めている間に、いろんな事を知った。

中でも意外と思ったのは、パームタウン編について思っていた以上に人気があることである。

私はあまり評価していなかった。

というのも、パームタウン編になってから、現実に近い世界観になり、そこが前作ほど没入できなかったのである。

しかし、周りの人気が高いのがとても気になる。

 

ということで、先の公式版のパームタウンの第1話を見てみた。

観て思ったのは、私の記憶とずいぶん違うのである。

さすがに、30年前の作品である。あれから1回だけ再放送があったが、それからもやはり30年近く経っている。

だいぶ忘れている。

 

そこで、見てみたくなったので、配信でないかと探してみても見つからず、レンタルも私の知る限りではパームタウン編を置いている店はない。

 

そこで、買ってしまいましたよ。

 

メイプルタウン物語、およびそのパームタウン編。全話DVD。高かったです、、、

 

これから、このDVDの内容の感想を1話ごとにつらつらと書いてみようと思う。

 

(お断り)

感想という性格上、どうしてもネタバレの部分が出てきてしまうのだが、それはご容赦いただきたい。