コンピュータ

ExcelでSVG出力できるか確かめてみた。

この記事は約2分で読めます。

ベクタ図形の標準データであるSVG。

イラレやInkspaceしか使えないと思っていたけど、どうやら我らがExcelでも使えるようなので、確認してみました。

なんでもいいからExcelで図解を描いて、確認する。

とりあえずExcel上でこんな絵を「図形」で描いてみます。

「ファイル」→「保存」ではSVGで保存できないので、

この図形を全て(つかSVGで保存したい部分)を選択して、右クリックします。

「図として保存」を選択して、SVGを保存します。

このSVGをブラウザ(ここではChrome)で、表示してみます。

表示されることが確認されました。

ExcelでSVGはなんとか使えるようです。

ただし、縮尺をなんとかしなければいけない。

縮小して最後SVGを作ってみた。

では今度はさっきの図形を縮小してみます。

(セリフ部分の文字列がそのまま縮小しないのは、地味に辛い)

これをSVGで保存します。

このSVGをブラウザで表示させます。

先ほどに比べれば縮小できたので、なんとか使えそうです。

どれだけ縮小すれば良いかという問題は残っていますが、使い慣れたExcelでもSVGはなんとか使えることが分かりました。

もちろん、細かいことはやはりイラレやInkspaceで作った方がいいと思いますが、サクッと作りたいときは学習コストがかからないので、便利ですね。

タイトルとURLをコピーしました