今回は、プロ根性の話。

 

シーラにとって憧れの芸能界。

しかし、華やかな光は、地道な努力によって作られるのだ。

そして強い意志も必要だ。

シーラ父が娘が危険なシーンをさせられて激昂し、そのまま帰っていった場合は、シーラが歌手、、、いや女優としての生命が絶たれてしまう。

そういう障害を乗り越えてこそのスポットライトだと思う。

実は最大の障害は、ごくごく近いところにあったりするのだ。

しかしそれを振り切り、壁に挑み、そしてものにしていった。

シーラは将来芸能界に入らないかもしれないが、この経験が大人になっても生きてくると思う。

 

いち早く大人の社会に飛び込んでいったシーラ。

これからどんな困難があるかわからないが、強く生きて欲しい。

 

もっとも、新人のシーラにとって激流に飛び込んでしかも演技をするのは、かなりハードルが高い気もするが、これもオーディションで見込まれた結果かもしれない。

それにしても、

あの災害クラスの激流がパームタウンの近くにあったなんて。

パームタウン中央にある山から流れていく川なんだろうか?

そして、その水源は?

 

今週の特徴のある職業 映画関係者(主にスタッフ)