メイプルタウンのみんなが飛行機に乗ってやって来たこの回、ダイアナが主人公。

 

自分が主人公でないと済まないダイアナ。

ダイアナはローリィのことを、低く見ていたのだけど、やはりローリィに思いやりの心を持っていたと気が付いた時、ショックを受けるのだけど、、、

ダイアナってメイプルタウン編のころから、あんな役回りですよね。

ほんとはいい子なんだけど、自分中心に回らないと気が済まない子。

ある意味、リアルな子供像でもありますね。

 

最後は、ローリィとダイアナが仲が良くなってよかった。

 

この回はメイプルタウンのみんなが来ていた回だけど、メイプルタウン編とパームタウン編で、同じ役割を持っていたキャラが顔を合わせると言うのも見ものでした。

金持ちのお嬢さんの、ダイアナとローリィ。

警察官の、オットー巡査とネコンダ刑事。

二人の対比も面白かった。

ただ、悪党のグレテルとヨータ&グータの顔合わせがなかったのは残念(後で出ますよね)。

 

それにしても、

コンデリック氏は、あんな経済規模の小さいメイプルタウンで、旅行代理店「コンデリックわくわく旅行社」開設の宣伝で、飛行機をチャーターして、大人数で長距離を旅行して大丈夫かなと思う。

この回が制作された1987年は、現実社会の日本ではバブル期。

そんな時代の空気が、あんな無謀な設定をさせたんでしょうね。

 

今回出た地名:バジントン、ニューアーク