昔の親友が、引っ越した先で新しい友達を作って、しかも話題が合わなくなって疎外感に苛まれる話。

パームタウンでのパティは、どんどんそれも同性の友達を作っていく。

パティの性格ならごく自然のことと思われるが、ならばメイプルタウンではどうだったかというと、ここまで同性の友達と遊んでいたという印象がない。

異性のボビーとばかり遊んでいた印象がある。

人口の違いがあるので単純比較できないが、都会と田舎の友達づきあいの違い、更には人間関係の違いが見て取れる。

 

そんなメイプルタウンから2日半もかけてパームタウンにやって来た、クマノフ一家。

ボビー母は、知り合いがいるとは言え、遠路はるばるやって来たので、昔から結構あちこちの街から仕入れてくるんだろう。

メイプルタウンが規模の割にはどこか垢抜けているのは、このボビー母のおかげかもしれない。

またメイプルタウンは人の行き来も割りと多いのだが、そこには人を惹きつける何かがあると思う。

 

あと、ボビー母は、リスク対策もばっちりということは、あちこちの街を歩いてきた結果かもしれない。