思うに、現代社会のいろいろな便利なアイテムは、人間の欲望から生まれたものだと思う。

人命に関わるものから、単に物欲を叶えるものまで。

パームタウンはメイプルタウンに比べ、かなりそういうものが揃っている。

 

もし、その物欲を叶える象徴が「ランプの魔神」であるならば、我々は必要以上にランプの魔神をこき使ってしまったのだろう。

欲望が全て悪だとは思わないが、無駄な欲望を叶えるのは、資源が有限という考え方もあるように、再考する必要があるのではないか。

 

・・・と、それっぽく言ったが、なかなか欲望に勝てないのも、また人の業であるのだ。

誰も彼も、ヨータとグータのように、王様になりたいと心の奥底で思っているだろうしね。

しかし、そういう欲望が、思わぬ悲劇を生んでしまう可能性が出てくるのである。

 

パームタウン編が作られた当時の現実世界の日本では、バブルの真っ最中。

そういう世相に対する、静かな警告なのかもしれない。

我々は、欲望を肯定し、更には推進することを奨励する社会に生きている。

現代の「失われた20年」と言われる時代において、ギドギドした欲望は似合わないのかもしれないが、依然として欲望をそそるものがあちらこちらに潜んでいるので、必要なものは求めるとしても、そこまでいかないものは、自重した方が良いように思われる。

 

さて、この回は非常に特異な回である。

というのも、OPがノンクレジットになっているのだ。(少なくともDVD版では)

これはなんらかのミスと思われるが、非常に貴重である。

きっと誰かが、ランプの魔神に、ノンクレジット版OPが欲しいと願ったに違いない。

ああ、煩悩は限りなく深い、、、、

 

今回登場した地名:カラビア