ローリィの淡い恋のお話。

ただ、この話は複雑で、私は1回で全容を知ることはできなかった。(結局2回見ています)

 

セターレの母がローリィそっくりなのも、何かを示唆してるんじゃないかと思うのだけど、ローリィの叔母ではないよね。叔母なら、いとこにあたるセターレのことを知らないわけでもないし。

やはり、たまたま似ている人なんだろう。

で、ローリィのとってセターレは、かっこいいけど、どこかひねくれていて、そしてつらい過去を持っている。そんなセターレに母性本能が働いたんでしょうね。

 

さて、今回もネコンダ刑事が大活躍。

鋭い推理を見せるのは、休んでばかりのイメージがあるネコンダ刑事が実は名刑事で、休むのは普段の推理を鋭くするために、オンとオフの区別ははっきりさせているのだろう。

このアニメは30年前のアニメだが、まるで今の価値観を予見している作品ですね。

 

あと、この回を見ると、なぜかドンキーコングをプレイしたくなります。